創作小説…フコイダンの疑惑

ブログが果たした役割

 最近、他人のブログを積極的に読む機会が減った。その反動と言う意味ではないが運営しているブログへの書き込みも減っている。先月は限りなくゼロだし、今月に入ってもまだ更新をしていない。この現象は多くのブログで見られ、これまでに多くのお気に入りブログを見つけたが、そのブログオーナーが新規の記事を書かないのである。

 だから他人のブログを読む機会が減ったのかも知れない。だがネットの世界を時系的に考えていくと「流行り廃り」があるのではないだろうか、という考えにたどり着く。私がネットと言う世界を初めて知ったのは小説創作に対する考えを互いに話し合う「ML」という(MLMではない)システムであった。

 その頃流行っていたのが「メールマガジン」であった。ネットに関わる(ネット上で自分自身の考えなどを訴えたい人々)誰もがこぞってメルマガを発行していた。だがあまりにも発行されるメルマガが多かったため、相対的に読者数が減り、メールマガジンの価値に魅力がなくなってきた。

 その次に流行ったのがブログと言う自分の意見を述べる媒体であった。こちらも多くのブロガーを作り出したが、結局相対的な読者が増えなかったために、持続して記事を書く人が減ってきた。そしてその次に流行ったのがミクシーであった。その頃のミクシーは参加しないと内容が分からないと言う秘蔵的な魅力があったが、いつの間にかその媒体が「ツイッター」というものに変わりつつある。