創作小説…フコイダンの疑惑

フコイダンの疑惑‐行方は?

 フコイダンの疑惑‐行方は? この事を問いかけてから彼女の方を見て姿を確認した。彼女が顔に掛けている眼鏡の形は微妙に角張っている。角張った眼鏡を掛けたら教養が有る様に見えると、誰が言ったのかは知らないが俗説がある。その話を信じている女性がここにもいた。つまり世間を知らない人物だ。その眼鏡がカマキリ、いや女性が動いた拍子にキラリと光った。

 キラリと光るのは平面である証拠だ。だから間違いなくその眼鏡は安物の伊達眼鏡だ。なぜなら、普通の眼鏡は丸みを帯びたレンズを使う。値段の高い伊達眼鏡も、同じように丸みを帯びたレンズを使っている。安物だけが平面のレンズを使用しているからだ。確かに俺の所に依頼があって来る人は、何かの変装をしている事が多い。だが普通は、ほんのちょっとした所だけである。サングラスとか、マスクを使うとか、ちょっと気取った帽子とか、そのぐらいである。ここまで化粧をやって来た人は初めてだ。この女性、羞恥心の無い女性だろう。

 それから自分の名前を三回言った。という事は、性格がかなりきつい女性だろう。自分の名前を何回も言う。これは『私の事を知らないのか』という心の表れである。それに俺の名前も何回か呼んだ。これは猜疑心が強いという事である。相手に間違いがないか、確認のために何回も俺の名前を呼んだのだ…そしてその女性は俺が推理したとおりに続く。

自分で書いた小説

 改めて自分で書いた小説を読み返してみると、幼稚である。このhttp://xx-takumuで公開している物語は40歳の頃に書き出した作品で、初めて私が挑戦した長編小説であった。もちろん私は有名作家ではなく、誰も名前など知らない人物であるから、出来上がる小説など、とてもではないが人様に読んで頂けるような内容でもなかった。

 だがこうやって7年と言う月日が過ぎて改めて読み返すと、やはり幼稚、という表現以外の何者でもない。ストーリーそのものは私が考え出したものであるから、今でも面白いと思うが、このストーリーに読者の意識を吸い寄せるような表現力が欠けている。

表現力と言う問題か?


 つまり、小説と言うものはストーリーも大切であるが、読者の心を掴む「何か」が不可欠である。ではその「何か」とは何か? 分らない。分らないからこそ小説創作は奥が深く、ある程度見えてきた作家がいわゆるプロと言われる存在になるのでないだろうか? もっとも私は作家の道よりも確実な道を歩みだしているが…

 結婚式、ウェディング…栃木県益子町>結婚式場ヴィラドゥプロデュース|栃木県足利市の結婚式場「ヴィラドゥ。VILLADOUXでは、お二人の「理想の結婚式」を叶えるため、スタッフ一同心を込めてプロデュースさせて頂きます。VILLADOUXに初めていらっしゃってくださった時から、私たちの結婚式のプロデュースは始まります。

家庭教師‐個別指導|あすなろBLOG…大学院生で家庭教師バイトをしている者です。いくつか掲示板などに登録するもなかなか進まず…学校の掲示板にはそれぞれの生徒に関して、悩みがあり、人の生徒を指導しています。家庭教師のバイトをやりたいな、と考えてるんですがそれは前衛的なのではなく、単に暇でしゃばりバカなだけ。

PR:http://www.ash-planning.co.jp/ http://www.ivm-bplan.com/